河和田アートキャンプ2010ブログ
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 第6回学育ワークショップへ!!! | main | 8月 >>
バルナバ
わたしたちの毎日は
作業をする日々で夜にはくたくたになって
早く寝たいと思っているメンバーも多いと思います。
しかし、夜にもまだ進んでない作業の続きをしたり、
データ処理をしたりと
なかなか早く寝れない日もあります。
そして
1日の終わりに日記を書かなくてはなりません。
伝統・産業とアートのメンバーは
個々で動くことが多いので
今日したこと、明日の予定を書いて
リーダーが把握出来るようにしています。
メンバーにはバルナバと呼ばれているすらりと背の高い女の子がいます。
左:バルナバ
右:ODA
その子と日記関する出来事をここで少し話したいと思います。
ある日
わたしが伝統・産業とアートの日記を探していたとき、
日記BOXの中に無かったので民家内を探していました。
すると、
書き終わったバルナバが日記を持ちながら寝ていたので
起こさずに日記だけ渡して貰おうと思い、
バルナバが掴んでいる日記を引っ張りました。
しかし、
彼女は寝ているにも関わらず頑として渡してくれず
声をかけたら渡してくれるかと思い、2回目は
バルナバ!
日記貰うよーって声をかけながら引っ張ってみました。
しかし、彼女は既に夢の中。
声も届かず
日記も離さず。。。
引っ張っても引っ張っても日記を掴んだまま。
ODAも、
ネギも引っ張ってみるのですが
バルナバは渡してくれません。
最終、
ディレクターのコタローに引っ張って貰い
やっとみんな日記を書くことが出来ました。
伝統・産業とアートの日記を頑として渡さないバルナバからは
伝統・産業とアートへの大きくて強い愛を感じ、
幸せな気分になった夜でした。
伝統・産業とアート 冬子
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kawada10.jugem.jp/trackback/206
TRACKBACK