河和田アートキャンプ2010ブログ
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 河和田町「おこない」に参加しました。 | main | 【出演情報】SAK Lecture-café vol.6「地方のデザインに何が可能か」 >>
河和田、すごい雪でした。なので雪かきしてきました!

河和田にも本格的な冬がやってきました。

1月後半のことですが、毎日降り積もる雪のせいで

夏の期間、学生達の生活である古民家はもちろん、

河和田が雪にすっぽり埋もれてしまいました。



そんな中、テスト期間にも関わらずアートキャンプのメンバーやOBが

雪かきをするために河和田までやってきてくれました。


朝から河和田町の方々に指示をしてもらいながら

近所の空家や一人暮らしのお宅に伺ってひたすら雪かき。

さらには古民家や蔵の屋根雪下ろしも敢行。





ちなみに蔵の屋根には初めて登りましたが、けっこう高いんです。

それでも無心で雪下ろし。

ホント無心です。。



記念に古民家バックで記念写真。(ちなみにこのあと古民家の屋根雪も下ろしました)

慣れない雪の中、朝8時から19時頃までひたすら雪かき。

本当に疲れました。

しかしやっと終わったと思いきや。。。。

なんと。。。


前日の夜に降った雪のせいで、

せっかく雪かきしたのに振り出しに戻るという結末。。

25年ぶりの大雪だそうです。

おかげで、交通網が麻痺して帰れずという事態に。

・・・自然の驚異を思い知らされました。

以前どこかの豪雪地帯にて「○○町、力を合わせて‘克雪’しよう」という看板

(多分そんなキャッチコピーだったような)を見かけたことがあるのですが、

「克雪」という意味がやっと分かった気がします。

畑づくりでもそうでしたが、どれだけ技術があっても自然の力には到底敵いません。

日本人は欧米と違って、自然と対話しながら生活してきた文化があります。

自然と戦い、受け入れながら生活してきた地方の暮らしには、

日々勉強させられることばかりです。

最後に、京都からはるばる応援に駆けつけてくれた

戸田君、下山君、片木さん、OBの今川君、本当にお疲れ様でした。

※今回、学生が来てくれた雪かきでは新聞でも掲載されました。
福井新聞社のS様、中日新聞のT様、いつもありがとうございます。


*事務局スタッフN
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kawada10.jugem.jp/trackback/243
TRACKBACK