河和田アートキャンプ2010ブログ
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 河和田、すごい雪でした。なので雪かきしてきました! | main | 【出演情報】連続講演:デザイン教育の現場から >>
【出演情報】SAK Lecture-café vol.6「地方のデザインに何が可能か」
「SAK Lecture-café vol.6 地方のデザインに何が可能か」に
 AC総合ディレクターの片木孝治がパネリストとして出演します。  
■日時 2011.02.20(Sun) 
■場所 福井大学アカデミーホール ※福井大学敷地内 
■内容 
17:30 開場 
18:00-18:10 SAK 挨拶 
第1部 レクチャー&活動紹介 
18:10-18:55 山崎亮氏 レクチャー 
18:55-19:20 小津誠一氏((有)E.N.N./studio KOZ.代表、(株)嗜季代表)活動紹介 
19:20-19:45 片木孝治(株式会社 応用芸術研究所 代表取締役 所長) 活動紹介 
19:45-20:10 出水健大氏(FLAT)活動紹介 
第2部 パネルディスカッション 
20:10-20:45 パネルディスカッション
20:45-21:00 質疑応答 
21:30- 交流会(FLATにて) 

■申し込み方法 
①名前
②年齢
③所属
④交通手段
⑤交流会参加の有無を記入の上2/17(木)までに
下記の予約用アドレスまでメールをお送り下さい。 
予約用アドレス:L-cafe☆live.jp(☆を@に変えてください。)

■プロフィール
山崎亮氏
studio-L代表。公共空間のデザインに携わるとともに完成した公共空間を使いこなすプログラムデザインやプロジェクトマネジメントに携わる。その際、常にプロジェクトを通じて積極的にまちへと関わる主体を生み出すことを目指している。最近は中山間地離島地域のまちづくりや総合計画づくりに関わることが多い。また、実務と平行して進めている研究活動としては、公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構における「人口減少時代における中山間地域の集落問題」、東京大学大学院における「住民参加によるまちづくりのガバナンス」などがある。共著書に「テキスト:ランドスケープデザインの歴史(学芸出版社)」「震災のためにデザインは何が可能か(NTT出版)」「マゾヒスティックランドスケープ(学芸出版社)」などがある。

小津誠一氏 
1966年 金沢市生まれ 1998年 studio KOZ.設立 2003年 有限会社E.N.N.設立、NPO v.i.v.a.共同設立 2010年 株式会社嗜季設立 

出水建大氏 
1973年生まれ デミズ建築工房を経て、2008年 株式會社 建大工房 設立。同会社 代表 

片木 孝治
1970年生まれ 株式会社応用芸術研究所 所長/SALT-DESIGN 主宰/NPO法人京都カラスマ大学 企画運営/京都精華大学建築学科 特任准教授

たくさんのご参加お待ちしております。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kawada10.jugem.jp/trackback/245
TRACKBACK