河和田アートキャンプ2010ブログ
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

活動内容が動画で紹介されました!
年明けに河和田アートキャンプの実行委員会である、

学生との連携によるうるしの里活性化実行委員会が


この度、団体の活動内容を動画として紹介されています。














※Macユーザーの人は再生できない可能性があるので、
 再生できない場合はここからプレイヤーをダウンロードしてください。 

▶関連:総務省HP 
福井県まんきつ!
 

先週末に、
メンバー約20人で河和田に行ってきました!


種まきをしたり、BBQをしたり‥(^ω^)



夜はみんなでミーティングをしました。
今年のアートキャンプの感想や、
来年に向けて‥などなど
ひとりひとりの意見が聞けてよかったです。
こんな機会あんまりないので‥!

中には今までの人生を語りだす人もいました(笑)
ぱんつ〜(´ー`)

みんな共通してたのは、
この夏変われたということ。

来年もがんばりましょう!



そして2日目は!なんとなんと!

恐竜博物館に行ってきました\(^o^)/



「うわー!本物の恐竜やー!!!!」




入口でまずびっくり。
さすが福井県立恐竜博物館、仕掛けてきますね!
メンバーみんな腰抜かしまくりです!





福井県勝山市で恐竜の骨が
いっぱい発見されたんですね(^^)

巨大な骨にメンバーも興味津々です。





博物館の外も恐竜まみれでした◎





恐竜博物館めっちゃめっちゃ楽しかったです(*^^*)
迫力満点でした!また行きたい!



こんな感じで1泊2日とても楽しかったです。
河和田はもちろんのこと、
福井県もすごく満喫できました◎



編集/なむる




はなさかじいさん
 
お久しぶりです。
やっとskypeができるようになったシノブです。

この土日に河和田に行って制作してきました。







画像が横向きでごめんなさい。。。




いつもたくさんの方が見に来てくださいます。

また11月も描きに行くにでよろしくお願いします!!

伝産/SHINOBU TERASHIMA
林業 Cチーム

 


澤田さんの山の木々にぴんと張られた、
長い長い布

林業Cチームの作品、「そめわかち」です!


草木染めによって染められた布の
独特の淡い色が、
山の深緑色によく映えていました

そしてこの布、野生動物の苦手な
ドクダミの香り付き*

「森を互いにいい状態でシェアし合えるように」という、
害獣という問題に向き合ったメンバーの思いがこめられています


ドクダミの香りの効果は、1年後だそう

ドクダミのすーっとした香りが、
野生動物たちに届きますように





Cチームメンバーに教えてもらった、
作品が一番きれいな時間は、朝!

日の光で布が透けて、
そこに映る木の葉の影が模様みたいになって
とてもきれいなんです^^

編集/とうぶん
感謝の意味を込めて


地飾(じかざり)



農業の畑の真ん中に、
どーんと現れた球体

そしてそのまわりにすらっと掲げられた、
泥遊びの衣装

農業の作品「地飾(じかざり)」です!


その大きさと存在感から、
イベントに来た方も、
車で通りかかった方も
「これは何だ?」と次々に集まって来ていました


球体は、次世代につなげる種として、
衣装は、泥遊びを通してみえた地域と学生の繋がりの証として、
感謝の気持ちを「物」に変えて表しているんです

つまり、この畑ひとつまるまる全部が
「感謝」という空間になっているという訳です


農業メンバーの感謝の気持ちでいっぱいの畑

そんな素敵な空間を見て、
泥遊びに参加したしていないに関係なく、
畑を見に来られた方全員にきっと何か伝わるものがあったはずです^^




種を別角度で見ると・・

穴があるんです!!


日によっては、穴の中に入れたのだそう
穴の中の風景は、どんな感じだったのでしょうか


編集/とうぶん




出張!
 丹南産業フェアの会場に、町カフェプロジェクトの作成したイス達が出張していました。
たくさんの方に座っていただいていました。

アートキャンプの作品たちが別の場所で使用されるのは初めてのことなので、今後も用途や機能を考えた作品たち作っていきたいです。


丹南産業フェア
丸山カフェ最終日
 


9月5日の、丸山カフェ最終日の報告です。



この日は朝から大繁盛でした!
受付に人があふれていました(゜_゜)






チョコパウンドケーキは人気すぎて
午前中に売り切れてしまうほど!


八ツ橋は、手作りだと信じてくれないお客さんもいました(笑)
町カフェメンバーの手作りですよ〜*

あのお料理上手の丸山さんにも「レシピ教えて!」と
言われるくらい美味しいんです。


朝ラポーゼさんで、パン窯でパンを焼いているのを見て
丸山カフェに来てくださったお客さんもたくさんいました^^






席は常に満席状態!
あい席なんてこともしばしば。

いつもはゆったりとした空間の丸山カフェですが、
この日はとってもにぎやかでした。

あちらこちらから楽しそうな笑い声が聞こえてきました(^^)





この日は約200名のお客さんが来てくださったそうです!

今年も大盛況の丸山カフェでした◎



編集/ナムルまかない




林業Aチーム


林業Aチームの作品です^^


Aチームは人間と里山の共存のはじめの一歩として、
まず林道整備に取り組みました。

足場の悪い林道に階段をつくって歩きやすくしたり、
木にロープを張り巡らせ補正しました。


山の上まで、本当にすごーく歩きやすくなっていました(^o^)!


そして、ロープに
「竹鈴」という竹炭を用いた球体の風鈴を装飾しました。


 


竹鈴のアップです(^o^)





竹鈴を揺らすと、カランコロン、という涼しげな音が森の中に響きます。

この音が、
人が森にいるということをクマやイノシシに知らせて
林道に近づけないようにするという、
いわゆる"害獣避け"の役目を果たします。



このように人が再び山に入りやすくなるような作品を制作して、
里山の復興を目指しました。



編集/ナムルまかない


かわだウォーキング


9月4日に行われた健康とアートの
「かわだウォーキング」の報告です!

ウォーキングには、約100名の方が参加してくださいました^^



前日は雨が降って天気が心配だったのですが、
当日はめっちゃくちゃいい天気でした◎


スタート地点のうるしの里会館で
まずは参加者全員で準備体操!






そこから3チームに分かれて
民家→中山公園→河和田神社→東清水公民館を通過し、
ゴールの河和田小学校を目指します(^o^)/



今回のウォーキングコースは
河和田のハザードマップをもとに考えられました。

災害時のときに、整然とした行動をとれるようにすることが目的です。
こうして実際に歩いてみると、
周りに建物がない安全な場所などがわかります。


コースの途中にある休憩所では、
防災について簡単なゲームなども行われました。

イベントを通して防災の知識が深まりました!








学生も一緒に参加しました!


わたしもインタビューをしながら参加者のみなさんと
たくさんお話させていただいたのですが、

わたしはアートキャンプ1年目でなので
河和田のこともまだまだ知らないとがたくさんあります。
もちろん、今回のウォーキングコースで初めて通る道もありました!

そのときにみなさんに、

「ここは最近できた道だよ。」

「この山は6月にたくさんホタルが見れるよ。」

など、河和田のことをたくさん教えていただいたのが
とっても嬉しかったです(*^^*)






参加者のみなさんの中には、
河和田以外の所から来られた方もたくさんいらっしゃいました。

そこで、河和田に住んでいる参加者の方が
「この場所は特に被害が大きかったよ」など、
その時の状況についても説明していただきました。


福井豪雨を実際に体験した方もそうでない人方も
今回の「かわだウォーキング」が
防災について今一度考えるきっかけになったのではないでしょうか。




汗をきらりと光らせながら
楽しそうに歩くみなさんの笑顔がとても印象的でした*

暑い中、おつかれさまでした!!




編集/ナムルまかない


 
林業Bチーム
 

林業とアート、Bチームの作品です。




Bチームが制作した巣箱は、
この山のスズメ、シジュウカラ、ヤマガラ、ムクドリなどといった野鳥を
主なターゲットとしています。

鳥たちの持つ習性を借りて、山に新しい命を育てます。

私たちが植林して山を豊かにするのではなく、
現地の動物や植物の力で山を豊かにすることが目的です。






山を少し降りて間近で作品を見ると、その高さに改めて驚きます。

た‥高い(゜_゜)

一番高いもので6mもあるんだとか。


高さや巣穴の大きさがそれぞれ違うのは、
鳥や虫や小動物の大きさや種類によって変えているからだそうです。



この山から、いつの日か河和田の山全体が豊かになるようにと、
思いを込めて制作した林業Bチームの作品でした^^



編集/ナムルまかない